処暑を過ぎて

おととい処暑だったのですが、処暑を過ぎたら、本当にいきなり涼しくなった感じです。
立秋を過ぎても、残暑が非常に厳しく、毎日猛暑の日が続いていたのですが、その暑さが一気にゆるみ、秋の風が吹いている感じです。
急激な気温の変化で、ちょっと風邪をひいてしまったのでしょうか。

頭痛がしています。
こうしてみると、暦というのはやっぱり本当なんだなあ、などと思ってしまいます。
いくら猛暑が続いても、いつかは収まるだろうとは思っていたのですが、こんなに急におさまるとは思いませんでした。

まだこれから暑さの戻りはあるでしょうし、9月も残暑があるという予報が出ていますが、さすがにもうあの猛暑はないことでしょう。
涼しくなってくれるのはありがたいのですが、夏が終わってしまったという感じがして、何だか淋しい気持ちもします。
道を歩くとセミの死体がたくさん転がっていたりして、やはり夏の終わりを感じます。

セミたちは思い切り鳴いて、短い命を終えたのでしょう。
うまく子孫を残すことはできたんでしょうか。
転がっているセミの姿を見ながら、そんなことを考えていました。

夏の暑さは今年は特に猛烈だったように思いますが、それも終わりとなるとちょっと淋しいです。