正しい布団の干し方

一日お日様の元に干したお布団で寝ると、ふかふかしてとっても幸せな気分になれますよね。
みなさんは布団を干した時、パンパンと叩いて取り込んでいますか?
このパンパンと布団を叩くこと、最近では正しい布団の干し方ではないと言われています。

そう、布団は干したあと、手でさらっとなでる程度にし、布団についているダニやホコリは掃除機か専用の布団用掃除機で吸い取るのが正解なんです。
パンパンと布団を叩く行為、実はあまり意味がないどころか、布団を痛める原因になってしまいます。
さらに、めいっぱい干した布団のにおいって、お日様のにおいとか言う人がいますが、あの独特のにおいはダニの死骸から出るにおいだそうですよ。
いいにおいと言ってクンクン嗅ぐと、ダニの死骸を大量に吸い込んでいることになるのです!
私もこのことを知った時はさすがにゾッとしましたね。

最近では布団用クリーナーが話題になっていますね。
殺菌消毒してくれるものもあります。
結構高価ですが、買って損はないでしょうね。
私の今欲しい物リストの中にも入っています。

寝ている間は冬でも身体から汗をかき、それが布団に染みてしまいます。
できるなら毎日清潔な布団で、気持ちのいい睡眠をとりたいものですね。