結局そんなもん

わたしはブログを書いている。
顔も本名も知らないひとたちとのブログは、なにも考えないで色んなことを書けるから。
なんとなくリフレッシュできてるような、ただのひまつぶしのような。
どこかで自分の描く理想的な人物のような、こう見られたい、そんな欲望が混じりながら考えながら書いちゃってる部分もあるけれど。
少し気を許せる仲になりつつあるブログ仲間たち。
でもやっぱり、誰かがギャンブルで負けただの、嫌なことがあっただの、最悪だーというブログにコメントやいいねがつきやすい。
ああ、こんなもんだよな、やっぱり。
人の不幸は蜜の味。
どこもそうなのだ。
人のしあわせ、家庭円満、ギャンブルで大勝ちブログなんて、なーんにも面白くないのだろう。
しょせんひまつぶしブログ仲間。
逆にうらやましい!!だなんて無駄に思いたくないんだろうな笑なんかむなしいなーと思いながら、結局わたしは今日もブログを書くのだろう。
今日はいいことがあったよって言うブログを。
きっと誰かに褒めてもらいたいから書くよりも、きっと自分は人より優位にたっていると少しでも思いたいのだろうか。
そんなことを思うと、自分が少しおそろしいような、でも結局人ってそんなもんかな?